夫婦相互での遺言

遺言作成のお問い合わせをいただくなかでも、

将来に対して、または以前のトラブルを経験された方からの

お電話やメールが多いように思います。

特に子のいない夫婦の場合は、遺言書の作成をご夫婦相互で作成

されるのが将来に不安を残さずに安心できると思います。

夫婦相互遺言とは、

お互いに「自分が先に死んだら、全財産を配偶者に相続させます」

という内容を含んだ遺言書のことです。

例えば、

夫が先に亡くなった(既に夫の父母は亡くなっている)場合は、

「配偶者である妻」と「被相続人である夫」の兄弟姉妹が

法定相続人となります。

唯一の財産である夫名義の不動産を妻名義に変更する為には、

共同相続人である夫の兄弟姉妹(場合によっては甥や姪)と

遺産分割協議をする必要があります。

兄弟姉妹には4分の1の法定相続分があるので、遺産分割協議が

整わなければ、法定相続分の割合で不動産を共有するか

売却して得た金銭で支払うことになってしまいます。

これでは、残された配偶者が慣れ親しんだ家や土地を

手放す事になってしまいます。

このようなトラブルも夫婦相互遺言を作成する事で防ぐことが可能です。

遺言を遺しておけば、兄弟姉妹には遺留分もありませんので、

相続財産の全てを配偶者が相続できることになります。

この夫婦相互遺言の注意点として、

夫婦が共に亡くなった場合の遺産の処分の方法を決めておくの

がいいでしょう。

生前にお世話になった方や特定の親族にに遺贈したり、

あるいは寄付行為をする旨を遺言に残しておくことも可能です。

建設業許可申請代行センター@東京 業務報酬一覧

建設業許可・知事 一般 新規申請 ¥126,000
建設業許可・大臣 一般 新規申請 ¥157,500
建設業許可・知事 一般 更新申請 ¥73,500
建設業許可・大臣 一般 更新申請 ¥105,000
建設業許可・知事 一般新規&株式会社設立 ¥178,500
建設業許可・知事 一般新規&合同会社設立 ¥168,000

※建設業許可申請手数料や登録免許税等が、別途必要となります。
※収集する書類の取得に必要となる実費は含まれておりません。
※役員の方の人数や営業所の数等により報酬額が変動する場合がございます。
事前のご予約で土曜日・日曜日も対応させていただきます。

建設業許可申請代行センター@東京のサービスに含まれる業務内容

建設業許可申請について事前のご相談やお打ち合わせ
建設業許可申請に必要な書類の収集を代行致します。
建設業許可申請書の作成
お客様の事務所内外の写真撮影を致します。
建設業許可申請書の提出代行を致します。

建設業許可申請代行センター@東京のサービス提供エリア

当事務所の建設業申請代行サービスは、東京都の下記の地域で許可申請をご予定のお客さまが対象です。
お客さまご指定の場所への出張相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

地域 市区町村
東京都 23区 千代田区中央区港区世田谷区大田区目黒区品川区渋谷区杉並区中野区練馬区新宿区江東区墨田区葛飾区江戸川区台東区文京区荒川区足立区北区豊島区板橋区
東京都 市部 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市

※東京都23区以外の地域での出張相談については、交通費等を別途ご請求させていただく場合がございます。その際は、事前にお知らせ致します。

数多くある建設業許可申請代行のホームページの中から、当事務所が運営する
「建設業許可申請代行センター@東京」へ来訪頂き、ありがとうございます。
増村行政書士事務所は、東京都台東区を拠点として、東京エリアに密着した建設業許可申請代行を中心に業務を行っております。
これまでも東京都内 特に台東区 墨田区 荒川区 江東区 千代田区 中央区 江戸川区 文京区 足立区 葛飾区等で建設業許可の申請代行(新規・更新)を行っております。

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.