書籍類の買取

週末に部屋の片づけと模様替えをしました。

そして、行き場を失ったマンガの単行本達。。。

そのまま捨てちゃってもいいのですが、それも忍びないので

近所の古本買取大手チェーンの店舗へ持ち込んできました。

単行本を買取カウンターに渡して約5分程度で査定が終了。

その後、打ち出された紙面に住所、氏名、職業及び年齢を書き込み

運転免許証を提示して買取金額を受け取って終わりです。

古物商は許可を取得して営業をしていくには、

買取の相手側の確認と帳簿等への記載・保存が義務付けられます。

(確認等及び申告)第十五条  
古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは
交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認する為、
次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。

一  相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。

二  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書
  (その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること。

三  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢の電磁的方法
  (電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識する
  ことができない方法をいう。以下同じ。)による記録であつて、
  これらの情報についてその者による電子署名(電子署名及び
  認証業務に関する法律(平成十二年法律第百二号)
  第二条第一項に規定する電子署名をいい、当該電子署名に
  ついて同法第四条第一項又は第十五条第一項の認定を受けた者
  により同法第二条第二項に規定する証明がされるものに限る。)
  が行われているものの提供を受けること。

四  前三号に掲げるもののほか、これらに準ずる措置として
  国家公安委員会規則で定めるもの

2  前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合には、同項に規定
  する措置をとることを要しない。

一  対価の総額が国家公安委員会規則で定める金額未満である
  取引をする場合(特に前項に規定する措置をとる必要がある
  ものとして国家公安委員会規則で定める古物に係る取引を
  する場合を除く。)

二  自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受ける場合

3  古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは
  交換の委託を受けようとする場合において、当該古物について
  不正品の疑いがあると認めるときは、直ちに、警察官にその旨を
  申告しなければならない。

(帳簿等への記載等)第十六条  
古物商は、売買若しくは交換のため、又は売買若しくは交換の委託により、古物を受け取り、又は引き渡したときは、その都度、次に掲げる事項を、帳簿若しくは国家公安委員会規則で定めるこれに準ずる書類(以下「帳簿等」という。)に記載をし、又は電磁的方法により記録をしておかなければならない。ただし、前条第二項各号に掲げる場合及び当該記載又は記録の必要のないものとして国家公安委員会規則で定める古物を引き渡した場合は、この限りでない。

一  取引の年月日

二  古物の品目及び数量

三  古物の特徴

四  相手方(国家公安委員会規則で定める古物を引き渡した相手方を除く。)の住所、氏名、職業及び年齢

五  前条第一項の規定によりとつた措置の区分(同項第一号及び第四号に掲げる措置にあつては、その区分及び方法)

建設業許可申請代行センター@東京 業務報酬一覧

建設業許可・知事 一般 新規申請 ¥126,000
建設業許可・大臣 一般 新規申請 ¥157,500
建設業許可・知事 一般 更新申請 ¥73,500
建設業許可・大臣 一般 更新申請 ¥105,000
建設業許可・知事 一般新規&株式会社設立 ¥178,500
建設業許可・知事 一般新規&合同会社設立 ¥168,000

※建設業許可申請手数料や登録免許税等が、別途必要となります。
※収集する書類の取得に必要となる実費は含まれておりません。
※役員の方の人数や営業所の数等により報酬額が変動する場合がございます。
事前のご予約で土曜日・日曜日も対応させていただきます。

建設業許可申請代行センター@東京のサービスに含まれる業務内容

建設業許可申請について事前のご相談やお打ち合わせ
建設業許可申請に必要な書類の収集を代行致します。
建設業許可申請書の作成
お客様の事務所内外の写真撮影を致します。
建設業許可申請書の提出代行を致します。

建設業許可申請代行センター@東京のサービス提供エリア

当事務所の建設業申請代行サービスは、東京都の下記の地域で許可申請をご予定のお客さまが対象です。
お客さまご指定の場所への出張相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

地域 市区町村
東京都 23区 千代田区中央区港区世田谷区大田区目黒区品川区渋谷区杉並区中野区練馬区新宿区江東区墨田区葛飾区江戸川区台東区文京区荒川区足立区北区豊島区板橋区
東京都 市部 立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市

※東京都23区以外の地域での出張相談については、交通費等を別途ご請求させていただく場合がございます。その際は、事前にお知らせ致します。

数多くある建設業許可申請代行のホームページの中から、当事務所が運営する
「建設業許可申請代行センター@東京」へ来訪頂き、ありがとうございます。
増村行政書士事務所は、東京都台東区を拠点として、東京エリアに密着した建設業許可申請代行を中心に業務を行っております。
これまでも東京都内 特に台東区 墨田区 荒川区 江東区 千代田区 中央区 江戸川区 文京区 足立区 葛飾区等で建設業許可の申請代行(新規・更新)を行っております。

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.