とりあえず

タイトルのような感じで古物商許可を

とりあえず取っておきたい

ってご相談が結構多いです。

許可基準のハードルも比較的低いという印象もあるでしょうし、

取れる許可を取っておいてから、事業内容を検討したいという

思いもあるように感じます。

確かに古物商許可は、1度取得してしまえば更新もありません。

許可を取得する為に用意する書類も、警視庁のホームページを

見る限り他の許可に比べれば少ない。

実際は、提出先の警察署で追加資料を求められたり、
 警察署ごとにローカルルールで運用されていたりします・・・

また、古物営業法には

許可の取り消しについて定められています。

特に、

許可取得後、6カ月以内に営業を開始していないことが
発覚した場合、許可の取り消しをすることができる

これ、知らない方もいらっしゃると思います。

古物商許可に限らず、許可取得については

今後の事業展開等を踏まえて

よ~くご検討ください。

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.