住民票について

行政書士はお客様に代わって住民票を取得することができます。

許認可の申請書への添付書類として必要となります。

古物商許可の場合ももちろん必要なので、用意するのですが

警視庁の場合、「本籍地」の記載を省略した住民票にて提出します。

ところが他県では違う場合があるのです・・・

また、申請書への住所地の記載も

「1-2-3」ではなく

「一丁目2番3号」と指示されたりします。

ここでもローカルルールの壁が。。。

今後は、住民票は「本籍地記載」

申請書には住民票通りに書きます!!

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.