遺言者の戸籍

公正証書を作成する際に、公証役場で提出書類に

遺言者本人の戸籍謄本が必要となります。

この戸籍謄本は「全部事項証明」と言われるものです。

これで、遺言者本人と相続人の確認をします。

しかし。。。

この全部事項証明だけでは足りないケースもあります。

相続人となるお子さんが結婚して、戸籍から抜けている場合などです。

そうなると遺言者本人の戸籍を遡ることになります。

具体的には除籍簿や改製原戸籍を追加取得します。

また、公証役場によっては相続人の住民票が必要な場合もありますので

作成前には確認が必要です

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.