建設業許可とは?

建設工事を請け負う建設業者は、建設業許可を受けるとが義務付けられています。
発注者から直接工事を請け負う元請負人はもちろんのこと、元請負人から工事の一部を請け負う下請負人でも、個人と法人を問わず全て許可の対象となります。
建設業者は28種に区分された建設業の業種ごとに、国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければなりません。

許可がなくても請負える軽微な建設工事

建築一式工事以外の建設工事

  • 1件の請負代金が500万円(税込)未満の工事
建築一式工事

  • 1件の請負代金が1500万円(税込)未満の工事
  • 請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事

建設業許可の有効期間

建設業の許可の有効期間は、建設業許可のあった日から5年間です。
このため、5年ごとに更新を受けなければ許可は失効します。この更新の申請は、従前の許可の有効期間が満了する30日前までに更新の申請を行うことが必要です。
 

建設業許可申請に関するご相談

建設業許可の申請に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 建設業許可申請代行センター@東京/素早い対応で確実に建設業許可申請致します(新規、更新、決算変更届) All Rights Reserved.