身分証明書

身分証明書とは、禁治産・準禁治産宣告の通知、後見登記の通知、破産宣告・破産手続開始決定の通知を受けていないことを証明したものになります。
運転免許証や健康保険証ではありませんので、注意してください。
身分証明書は申請者の本籍地を管轄する戸籍係へ申請してください。

「身分証明書」と「登記されていないことの証明書」の関係

平成12年3月31日以前は,禁治産者 (成年被後見人とみなされる者)・準禁治産者 (被保佐人とみなされる者)について、その内容は本人の戸籍への記載という方法で公示されておりました。
しかし、平成12年4月1日以降は、新しい成年後見制度の施行により、その公示方法が戸籍への記載から後見登記等ファイルへの登記に変更されました。
そのため、平成12午3月31日以前に、いわゆる欠格条項に該当しないこと(禁治産者 (成年被後見人とみなされる者)、準禁治産者 (被保佐人とみなされ者)に該当していない)の証明は、従前どおり本籍地の市町村が発行する「身分証明書」によって行うことになり、平成12年4月1日以降についての証明は成午被後見人・被保佐人等に該当していないことを証明する「登記されていないことの証明書」によって行うことになります。
従って、いずれの時点においても欠格事由に該当していないことを証明するためには、「身分証明書」及び 「登記されていないことの証明書」の両方が必要となります。
なお、「破産者」でないことの証明につきましては、従前どおり身分証明書によってのみ証明されることになります。

建設業許可の手続きに関する相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。迷惑メール対策で返信が送れないことが増えています。メール受信設定等にはご注意願います。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
電話にご連絡メールにご連絡どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る